CADモデル生成ソフトウェア
S-Generator

事例2 椅子のトポロジー最適化結果のCADモデル生成

※ 画像はクリックで大きく表示します.

■概要

椅子のトポロジー最適化結果形状 トポロジー最適化解析で得られた結果形状の表面を滑らかにし、確認解析を行うための CADモデルや3Dプリンターで製作するための STL データ を作成します。


■作業内容

初期STL 折り目設定 微小な穴の編集

スムージング 細い部材の編集 生成した曲面


以下動画にて、実際の作業の様子をご覧いただけます。★音声での解説付き★

S-Generator操作動画

■生成した曲面の活用

◎ 確認解析
生成した曲面はCADソフトウェアでソリッドボディとして扱えるため、メッシュを生成することで確認解析を行うことができます。

解析モデル  コンター&変形図


◎ 3Dプリンターでの製作
 3Dプリンター造形 表面を滑らかにした後のSTLデータを出力することで、3Dプリンターで製作することができます。


事例一覧に戻る