イメージベース構造解析ソフトウェア
VOXELCON

事例1 複雑な形状モデルの解析 ~ 人的コストの削減 ~

■概要

CADモデル 設計データとして作成された詳細なCADモデルから、メッシュ分割して解析モデルを作成する際に、以下のような問題点が挙げられます。

  • 要素数が膨大になる.⇒ 計算コストがかかる.
  • メッシュ分割が困難で経験者のコツやテクニックが必要.
    また解析結果がメッシュ分割に依存する.
  • 場合によっては、自動要素分割できない.

かといって、形状を簡略化したもので解析しようとしても・・・

  • 簡略化の手間がかかる.
  • 簡略化による解析精度への影響評価が面倒である.

これらの問題点は、VOXELCON のボクセルメッシュ生成技術 によって解決できます。
複雑な形状でさえも簡単に解析モデルにすることができますので、解析にかかる人的工数を削減できます。

■解析モデル

モデル化の流れ


CADモデル
CADから
STLデータへ
エクスポート
エクスポート
STLモデル
VOXELCON
読込む
VOXELCONに読み込む
解析モデル作成 解析モデル作成へ 解析モデル作成画面
モデル作成画面
 * クリックすると
大きく表示します。
数十秒でモデル化
総ボクセル数:2,313,105
ボクセルサイズ:0.5mm .

分割数の指定(各軸方向の分割数 or ボクセルサイズ or ボクセル総数 等)のみでメッシュを生成できるので、 どんな形状でもメッシュ分割のノウハウが不要で、誰が行っても同じメッシュが再現できます。

モデル概要

  • モデル
  • モデル

境界条件

条件設定

■解析:静応力解析

結果 - ミーゼス応力

解析結果1  解析結果2 解析結果1 解析結果2

計算機および計算時間

  • 計算機:Intel Xeon E5450 3.0GHz
       (4スレッド並列実行)
  • 解析時間:4時間12分
  • 使用メモリ:777 [MB]


モデリングから解析結果までの動画 →


■考察

このように、VOXELCONのボクセルメッシュ生成機能を利用すれば、一般的なテトラメッシャーでは メッシュ分割が困難なほど複雑なモデルでも、ロバストかつ高速にメッシュ分割することができます。

またメッシュ分割のためのノウハウも必要なく、どんな人がメッシュ分割しても同じメッシュができるので、解析精度の管理の観点からも有用です。

事例一覧に戻る